スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月24日(日)の練習

先週から、12月の定期演奏会に向けて新曲の練習を始めました。

  『 パニス・アンジェリクス 』

  『 劇音楽「真夏の夜の夢」から 結婚行進曲 』

の2曲です。

その他、これまで恒例の

  『 イッツ・ア・スモールワールド 』



  『 カノン ニ長調 』

の練習も忘れませんよ~。


今日は、練習の前に、先日出演させていただいた

「 第6回 HIROSHIMA MUSIC FESTIVAL 」

の反省会がありました。小島先生から、演奏についての総評と、
お行儀についての反省のお話がありました。

お行儀については子供たちにとっては耳の痛いお話ですが、
広島ジュニアオーケストラでは、演奏する以前のお行儀に
ついての指導にも力を入れているため、反省すべきところは
反省し、改善していくようにしています。小さな子供たちも
分かってくれるかなぁ。

その他に、お母さんお父さんたちが集まっての保護者会も
ありました。まずは子供たちと同じくフェスティバルの反省、
それから定期演奏会に向けてのお話と、夏に行われる合宿
に関するお話が先生方からありました。



スポンサーサイト

5月17日(日)の練習

本日から、新曲の練習です。


12月の定期演奏会に向けて、新曲2曲の楽譜を
配布しました。

まず1曲は、

  『 パニス・アンジェリクス 』

です。日本語では「天使のパン」とか「天使の糧」などと訳されている、
セザール・フランク(1822-1890、ベルギー)が作った曲です。

 もともとは 『荘厳ミサ イ長調』 の中の1曲で、「サンクトゥス」と
「アニュス・デイ」の間に挿入されています。あとになってから付け
加えた、元のミサ通常文にはなかった聖体祭讃歌だとの事です。
テキストは1264年にローマ法王ウルバン4世の要請により聖体祭
(Corpus Christi)のために、聖トマス・アクィナスにより作られた讃歌
の終わりの2節から成っています。

 現在では荘厳ミサ全曲はあまり演奏されませんが、この「パニス・
アンジェリクス」だけが独立した曲として演奏される機会が多いです。

 私たち広島ジュニアオーケストラも例にもれず、「パニス・アンジェリ
クス」だけを演奏します。小さな子供でも演奏できるように、音楽監督
の小島秀夫先生が編曲して下さいました。

 アンジェリクス・・・エンジェル・・・天使・・・、定期演奏会を開催する
クリスマスのシーズンにぴったりの、やさしく、かわいらしい曲です。



そしてもう1曲は、

  『 結婚行進曲 』

です。これは、劇作家シェイクスピアの有名な「真夏の夜の夢」に、
ドイツのメンデルスゾーンが曲を付けた、

  『 劇音楽「真夏の夜の夢」 』

の中の1曲です。今回の定期演奏会では劇音楽の抜粋版として
他の曲も演奏しますが、1曲ずつ練習していきます。

トランペットの 「♪パパパパーーン」 というファンファーレで始まる
とっても有名な曲です。

12月まで、しっかり練習していきます!


ちなみに、もう1つの有名な結婚行進曲は、ワーグナー作曲です。
楽劇「ローエングリン」の第3幕で、「第3幕の前奏曲」に続き演奏
される印象的な曲です。


5月6日(水:祝)フェスティバル修了演奏会

本日は、待ちに待った

第6回 若い芽のための HIROSHIMA MUSIC FESTIVAL』

の修了演奏会です。

広島ジュニアオーケストラとして合奏セミナーに参加した曲は、

  「 6つのドイツ舞曲より 第6曲 (モーツァルト) 」

です。本日は、いよいよその成果を発表する場です。
みんなそわそわ・・・でもワクワク!

東区民文化センター大ホールのステージに立ちます。
広島ジュニアオーケストラの出番は、なんと、トップバッター。
お客様を惹き付ける重要な役割です。緊張!

しかも、前に立って演奏するんですよー、暗譜で。
ますます緊張!!!


リハーサルの様子↓

P5060611.jpg

P5060597.jpg

P5060609.jpg


みんな、ユニフォームに包まれて、カッコよく見えます。
・・・いや、カッコいいです!!!(笑)

リハーサルの順番が1番最後だったので、リハーサルが終わったら
すぐに本番。14時30分、いよいよ開演です!

演奏会には、たくさんのみなさんにお越しいただきまして、本当に
ありがとうございました。みんな精一杯演奏し、演奏が終わった後は
いい笑顔でした。

たくさんの時間をかけて練習してきましたが、本番は一瞬で
終わってしまいました。なんだかちょっぴり淋しいです。

次の本番に向けて、次回から新曲の練習スタートです!


なお、5月10日(日)の練習を、本日の本番に振り替えた形にしますので、
10日の通常練習はありません。


5月2日(土)フェスティバル合奏セミナー

いよいよ本日は、

第6回 若い芽のための HIROSHIMA MUSIC FESTIVAL』

の合奏セミナー当日です。
セミナーで受講した曲は、今まで練習を重ねてきた

  「 6つのドイツ舞曲より 第6曲 (モーツァルト) 」

です。

最初の1コマは工藤真菜(くどう・まな)先生の、
次の1コマは兎束俊之(うづか・としゆき)先生
合奏セミナーを受講させていただきました。


工藤先生のセミナーの様子

P5020500.jpg

P5020530.jpg

工藤先生ご自身もヴァイオリンを弾きながら、演奏のポイントなど
丁寧にご指導いただきました。

  ★工藤真菜先生(ヴァイオリン)プロフィール
     2歳よりヴァイオリンを始める。
     東京藝術大学附属音楽高校、同大学卒業。
     中国ユースコンクール最優秀賞、日本クラシック音楽
     コンクール最優秀賞、毎日学生音楽コンクール中学
     の部第3位、江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第2位。
     2001年、ドイツ・ゾンダーズハウゼン音楽祭にてディ
     プロマを得、6都市で招待演奏会に出席。
     これまでに小島秀夫、江藤俊哉、田中千香士、ヴォル
     フガング・マルシュナーの各師に師事。
     現在、福岡と東京を拠点にソロ・室内楽・オーケストラ・
     後進の指導で活躍中。



兎束先生のセミナーの様子

P5020548.jpg  P5020543.jpg

P5020545.jpg

熱いご指導の中にもユーモアがあり、小さい子も飽きる事なく
楽しく受講できました。時間がとっても短く感じました。

  ★兎束俊之先生(ヴィオラ)プロフィール
     東京藝術大学卒業。NHK交響楽団OB。
     1968年西独政府交換留学生となり、現地にて多数
     のオーケストラで首席奏者を歴任。
     オーケストラ・アンサンブル金沢の発足以来、客員首
     席奏者として出演。
     東京藝術大学ほかで講師を歴任後、2001年より4
     年間、東京音大学長を務める。
     現在、東京音大教授、くらしき作陽大学副学長。
     今回、第6回若い芽のためのHIROSHIMA MUSIC
     FESTIVALでは、特別講師として迎えられた。



5月6日には、修了演奏会の本番で今までの練習の成果や
本日のセミナーで教えていただいた事が発表できるように、
残りの数日、各自で練習する事を約束して、本日の練習を
終わりにしました。


修了演奏会については、下記URLでご確認下さい。

     HIROSHIMA MUSIC FESTIVAL へのリンク


なお、5月3日(日)の練習を、本日の合奏セミナーに振り替えた形にしますので、
明日3日の通常練習はありません。


プロフィール

kmk.admin

Author:kmk.admin
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。